MENU

ムダ毛の自己処理による肌トラブルを知る

ムダ毛の自己処理をすると、肌トラブルを招いてしまう事が多々あります。
剃毛の場合には、肌に傷を作ってしまう可能性がありますし、毛抜きを利用すると、毛嚢炎といって、毛穴にばい菌が入ってしまう可能性があります。ワックスやテープ、除毛剤の場合には、薬剤が肌に合わずにかぶれてしまう人も少なくありません。どんなムダ毛の自己処理を行った場合でも、埋没毛と言って、肌の表面ではなく、皮膚の中でムダ毛が生えてしまい、成長してしまう場合もあります。

 

ピンセットなどでつまむと、簡単に肌の表面に埋没毛を引き出すことが出来るのですが、肌に傷ができてしまいますから、そのまま放置し、自然と吸収されるのを待つのが良いとされています。ですが、埋没毛ができてしまうと、黒い部分が残ってしまいますから、非常に見た目が悪く、時には、埋没毛により、炎症を起こしてしまい、埋没毛の部分だけ赤みが出てしまう場合もあります。

 

アンダーヘアも例外ではなく、アンダーヘアの処理後に、埋没毛になってしまう場合もあります。ムダ毛が濃いため、アンダーヘアの処理後の埋没毛はわかりにくい場合もありますが。せっかくアンダーヘアを整えても、埋没毛や、毛嚢炎になってしまっては美しくありませんから、自己処理をする時には、肌に負担がかからないようにすることが大切です。
ムダ毛の自己処理を減らすには、脱毛に通うしか方法はありませんので、自己処理を減らしたい場合には、脱毛サロンに通いましょう。