MENU

ムダ毛の量が多い人と少ない人の違い

女性の中でもムダ毛が濃い人もいれば、薄い人もいます。全くムダ毛の自己処理をしなくても、ムダ毛が気になるほど生えてこないという人もいれば、男性顔負けとなる程、ムダ毛が生えてしまう人もいます。

 

人によって、ムダ毛の量や濃さが違うのには、遺伝的要素が強いと言われています。遺伝により、先祖代々ムダ毛が濃い場合には、急にムダ毛が薄い人が生まれてくることはほとんどありませんから、両親や、祖父母の毛深さをチェックしてみると、自分の毛深さに納得できるかもしれません。

 

その他の原因としては、ホルモンバランスの乱れがあると、ムダ毛は濃くなりがちです。女性でありながら、男性ホルモンが体の中で多く存在している人の場合、ムダ毛が濃くなりがちですから、女性ホルモンをアップさせる努力をしてみましょう。大豆製品を多く摂取すると、簡単に女性ホルモンをアップすることができます。

 

ワキやデリケートゾーンは、どんな人でも比較的ムダ毛が濃い部分であると言われています。ワキはお手入れをする人が多いのですが、アンダーヘアの処理は全く行わなくても、ショーツからはみ出すことがないという程ムダ毛が薄い人もいます。そんな人の場合、剥げはじめた頭のようなデリケートゾーンになってしまっていることが多いですから、形を整えたり、ムダ毛を短くカットするなどし、アンダーヘアの処理を行うと良いでしょう。ムダ毛が少なくても、手を加えるだけで、すっきりとした印象になります。