MENU

手作りのブラジリアンワックスを使う

アンダーヘアの処理に利用するための、ブラジリアンワックスは手作りをする事が出来ます。わざわざ購入しなくても、自宅にある物で簡単に作ることができますから、アンダーヘアの処理にブラジリアンワックスを取り入れたい場合には、手作りしてみると良いでしょう。

 

用意する物としては、はちみつと、砂糖、そしてレモンだけです。分量としては、はちみつが大さじ2杯程度、レモンを半個分絞った汁、そして砂糖が250グラム程度となります。材料を全て火にかけ、沸々と煮立たせます。若干周りが茶色くなる程度まで煮立たせることが必要となります。乾いた時に、固まらなければブラジリアンワックスになりませんから、茶色くなってくるまでしっかりと煮立たせてください。

 

茶色くなったら、火から下ろし、肌につけることが出来る程度まで、冷まします。若干熱いかな、という程度になったら、アンダーヘアの処理をする部分に塗ります。カップアイスを食べる時の木べらや、スプーンの背を利用すると、簡単に塗ることができます。最初は、トライアングルの上から塗り、どのくらいの痛みがあるのか確認しましょう。

 

肌の上にワックスをのせたら、上からガーゼをのせ、その上から保冷剤を利用して、ワックスを冷まします。しっかりとワックスを冷やすことができたら、ワックスを一気に引きはがします。手作りのブラジリアンワックスは、水あめ状になっており、冷ますことで、固い飴となり、ムダ毛を巻き込みますから、塗る時は、薄めにまんべんなく塗ることが大切です。非常に強い痛みは我慢で乗り切りましょう。