MENU

毛抜きを利用してアンダーヘアを処理する

毛抜きを利用して、アンダーヘアの処理を行う人は、剃毛に続いて多いとされています。
毛抜きを利用する場合、1本ずつ抜いていくわけですから、非常に長い時間がかかりますが、その後、新しいムダ毛が生えてくるまでに時間がかかるため、頻繁にアンダーヘアの処理を行わなくても良いというメリットがあります。

 

ですが、毛抜きを利用したアンダーヘアの処理の場合、ムダ毛を抜いた部位の毛穴がポッコリと穴が開いてしまっている状態ですから、ばい菌が入りやすく、毛嚢炎などになりやすいと言われています。デリケートゾーンは、菌が繁殖しやすい部位ですから、自分自身で毛抜きを利用した後は、アルコール消毒を行うなどし、清潔に保つことが大切です。

 

毛抜きを利用しての、アンダーヘアのお手入れは、IラインやOラインは非常にお手入れしにくい部位となっています。毛抜きを利用せず、手に触れたIラインやOラインのムダ毛をそのまま手で抜くという人もいるのですが、毛抜きを利用する場合には、鏡を見ながら、間違って粘膜をつまんでしまい、肌を傷つけてしまう事のないようにしなければいけません。

 

毛抜きを利用し始めた当初は、確実に強い痛みが出てしまいますし、出血してしまう事もあるかと思います。ですが、頻繁に毛抜きを利用するようになると、痛みになれ、自然と痛みを感じなくなるようになります。ムダ毛が濃い部分は、痛みがなくなるまでには長い時間がかかる可能性もありますが、次第に慣れてくるでしょう。